前編はこちら

オープンハウスでの間取り打ち合わせの終盤になり、さあこれで完成、という段階になり
突然リビングの真ん中に現れた構造壁。

しかも、担当者からはその構造壁についてなんの説明もなし。

打ち合わせ後によくよく図面を確認して発見したその構造壁について問い合わせると、
こちらは構造事務所が計算したところ構造上どうしても必要になってくる壁のため
なくすことはできません
・・・ご了承下さい・・・

との回答。

最終段階でいきなり構造壁が出現したことにより、間取りが変わってしまうことのショックと、
こっちが気づかなければこのままなんの説明もなしに契約させられそうになっていたことの怒りから、
お客様相談室に
この対応ってどうなんですか!?おかしくないですか?!

とクレームを入れました。

すると翌日また担当者から連絡が入り、
この間取りならご提案が可能です・・・
新しい間取りが提案されてきたではありませんか。

はあ!?
昨日この壁動かせないって言ったよね!?
それも嘘!?
動かせるんじゃん!!
なんなのオープンハウス!!!


とりあえず間取りを見てみます。

すると最後に追加された構造壁はなくなり、
その代わりにI型キッチンのレンジフード部分とダイニング部分の間にある壁(これも構造壁)が、あと50cmほどせり出す、という間取りでした。

この間取りにすれば、最後に追加した構造壁がなくすことができるとのこと。
その他、外観上はわからないが、2階天井裏の梁を少し増やしているとのことでした。

キッチンの半分以上が壁で仕切られてしまうことになり、
ダイニングとの一体感はやや損なわれるため不本意ではありますが、
それよりもリビングの真ん中に出てきた構造壁のほうが問題なので、
むかつきますがこの提案を飲むことにしました。

設計はやり直せない、との一点張りなので。

それにしても!

お客様相談室に電話すれば変わりの間取り提案できるの!?
本当は変更できるのに、できませんって言ってたってこと!?
マジふざけんな!なんですけど!!!

という感じで、結局私達の怒りは収まりません。。

しかも、当初の参考図に構造壁をいれていなかったのは当社だけでなく他社さんでもよくあること

とまで言い出す始末(本当・・・?)。

参考図の段階では構造計算は正確にはせずに提案し、
間取りが決まってから最終の構造計算をし、必要な壁などが追加される、という言い分です。

真偽の程は知りませんが、どうなんでしょう?
誰か知っている人いたら教えて下さい!

でも、間取りが決まってから壁が追加されて結果間取りが変わってしまうんじゃ、
最初に決めた間取りってなんだったの?って思うんですが・・・

壁や仕切りも含めての間取りでしょ!?

今回は私達がゴネたおかげて、リビングを分断する構造壁は取り除くことができましたが、
本来もう少し短かったはずのキッチンとダイニングの間の壁がのびてしまったし
(これがどれくらい毎日の暮らしに影響するかは未知数・・・図面しかないですからね)
結局最終の間取りから変わってしまっていることは事実です。

なのに、最初からの設計はやり直せないだの、
この変更した図面を作り直すと最大1ヶ月かかるから契約、着工、引き渡しが最大3ヶ月遅れるだの、
オープンハウス都合のミスなのにも関わらず迷惑を被るのは私達なのです。

本当に腑に落ちません。

大手ハウスメーカーならこういった事はきっとないのでしょう。
オープンハウスは安いから仕方ないのかな、、と涙を飲むしかありません。
安かろう悪かろう、というのはこういうことなのですよ。。

ということで、
オープンハウスで家を建てようとしている方がもしいたら、
決して参考図を参考にしないでください!!!


構造事務所(自社なのに上海にあるから返信がリアルタイムではないらしい)が・・・
とかなんとかいって、最終的に構造がしれっと変えられる可能性があることを念頭において、
いろいろ進めていったほうがいいですよ・・・

一生の買い物なので、こういうのが不安な方は、多少高くてもきちんとしたハウスメーカーさんにお願いすることを強くおすすめします。

オープンハウス、本当に信用ならないメーカーです!(怒)