今日は、東京学芸大学附属大泉小学校2020年度入試の
二次考査二日目でした!

一日目の記事はこちら

昨日に続き、今日も雨で気温が低く
半ズボン姿のむっちりはとっても寒そうです。。(>_<)

上半身は防寒着で寒さをしのげても
半ズボンって寒さを防ぎようがないので悲惨ですよね。。
保護者はズボンやストッキングを履くことができるのに、
小さい子がこんな寒い思いをするなんて、
為すすべがなくもどかしいです。

さて本日の二日目は、
ガリガリが半休をとり付き添ってくれました!
(私は出勤)

11時前頃、

終わったよー。

とLINEが。

手応えはどうだったのかな?
と聞いてみても、

むっちりが教えてくれなくてわかんない。

とのこと。。

そうですか…(´・ω・`)

帰ったらむっちりにお疲れさまをして、
出来のほどを聞きてみようと思います。
うまくいってるといいなー!

先日の模試では、竹早の方が合格可能性は高かったのですが、
むっちりの感覚を聞いていると、
結果は
竹早<大泉
のような気がします。
(竹早は全然見込みがない感じがします…)

明日夕方、竹早は合否発表があります。
一応見に行きますが、
どうなることでしょう。。

また書きたいと思います。
同じく学芸大学附属小を受験したみなさん、
お疲れさまでした!!





(追記です) 

保育園お迎え後、むっちりに二日目の手応えを聞くと

いちおう、きちんとこたえられたとおもう。

とのことでした。

でも、本人感覚なので、
ふたを開けてみないとわからないですね…

二日目は、
  • 巧技性テスト
  • 口頭試問
が行われたようですよ。
内容は口外しないようにとのことなので
書きませんが、ご了承ください。

むっちり、
試験疲れもないようで

おわったー!!!

的な開放的な様子もありませんでした。

ということは、
ストレスなく実施できたってことかな。

親としては、
すごくよかったんじゃないかと思います。

受験自体は良い経験になったと思うし
もともと勉強が好きなむっちりには
日常の延長線の感覚だったかもしれません。

なにしろ親の思いつきでの受験なので
変なプレッシャーを与えてしまうのが
一番よくないと思っていましたので…

結果はどうであれ、
無事に試験を受けられたことはすごいことだと思うので、
明日はお迎え後、
ご褒美にタルトを食べに行く約束をしています♪

むっちり、よろこんでくれるかな(*'▽'*)