本日、2020年度入学の筑波大学附属小の一次抽選です!

もう女子のAグループの人たちは抽選は終わっていると思いますが、
男子であるむっちりは、午後の部に参戦してまいります!!

我が家が併願している学芸大学附属小は
各校とも保護者は立ち会わなくていいのですが、
筑波大学附属小については、抽選にも保護者が立ち会う必要があり、
立会いができない場合は不合格
となるという
なんとも縛りのきつい学校です・・・!

というわけで、本日は仕事をお休みして、自宅待機をしています。。

みなさん、お仕事されている方はお仕事を調整する必要があり、
なかなかハードな道のりになりそうですね。

ちなみに
筑波小は、二次出願も一週間後の11月15日(金)なので、
本日抽選を通ったご家庭は
二週続けて仕事を調整しないといけないということですね。

これは夫婦で交代で担当するのがいいかもしれませんね。。

我が家はガリガリが出張中で不在のため、
私が行くことになるのかな・・・

その前にまず本日の抽選を通過しないとですね!

さて、そろそろお受験スーツに着替えて支度をしようかな。

また抽選の結果はご報告します!


(茗荷谷に着きました。。)


11:53現在、
500人くらいの行列ができております…!!

12:00から受付開始のはずなのに、どういうこと…?

志願者数、学芸大学附属小学校の比じゃないですね。。
さすが日本一の国立小学校。。


(抽選終わりました)


むっちり、落選でした…(ρ゚∩゚) グスン

今回、男子は2084名が志願し、
47%の確率で当選するとのことだったので、
結構ショックです。。

100人中53人は落ちたわけですね。。

高倍率の竹早をくぐり抜けたので
筑波もなんだかんだで行けるのではと思っていたのですが…

くやしいですー!!

考査を受ける権利すらもらえないなんて。。

筑波は一次先行の抽選の志願倍率は約2倍ですが
二次考査の倍率(実質志願倍率)が
男女ともに約10倍

国立小学校の中でダントツ厳しいんですよね。

でも一次通過し、そのスタートラインに立てた人たち、羨ましいです!
頑張ってくださいね!!!

落選してトボトボ帰る人たち。。
紅葉が綺麗です。。
P_20191108_125444