むっちり息子とガリガリ夫

3歳差の兄妹を育てながら、フリーランスでデザイナーをしているアラフォーの日常を綴っています。 ガリガリ夫は平日は深夜帰宅で、娘もパパイヤなので育児に関して全く戦力にならず、毎日マンガみたいに汗をかきながら必死で生きてます。 土日は池袋周辺をさまよっています。息子はむっちり。娘はクイーティ。

前回からの続きです。

内視鏡検査に挑んだ私ですが、
今回のクリニックでは、鼻からのカメラ挿入を推奨していました。

なので私も鼻からの挿入に挑戦(*゚∀゚)っ

一応念入りに麻酔をかけてくれるので、安心して望んだのですが・・・

なんと鼻の奥の隙間が狭くでカメラが入らないことがわかり
(両鼻ともダメでした)
急遽、口からのカメラ挿入に切り替えることに。

前回の人間ドックでは麻酔と鎮静剤を使ってもらったことを告げると、
今回もそのパターンで行くことになりました。
よかった・・・

ところが、鎮静剤を注入するための静脈注射で問題が!

なんと、クーラーの効きすぎた待合室で長時間待っていたため、
身体が冷え切ってしまい、
血管が収縮し全然出てこなくなってしまったのです。

さらに朝から飲まず食わずできているので脱水症状もあり、
血管が全く見えない状態に・・・

看護師さんたちが一生懸命血管を探してくれるのですが、
肘の内側では見つからず、手首の上あたり(めちゃくちゃ痛いところ)で
静脈注射をすることに。。

2回失敗し、3回目になんとか入った??
ということで胃カメラのベッドに移動し、横になってマウスピースをくわえ、
鎮静剤をちょっと注入しかけたその時!!

あ!漏れてます!
大丈夫?痛い??

と聞かれ、針の刺さっているあたりをサスサスされます。

いや、特に痛くないけど・・・

と思ったその後すぐ、針を刺されているあたりに激痛が走ります!

イタタタ!!!(;´Д`)

と言うと、看護師さんたちが急いで針を抜き、ぎゅうぎゅうと止血をしてくれました。

ごめんね、今日ちょっとこれ以上は難しいかも、、
身体が冷えちゃっているのもあって点滴が入らなくて、本当にごめんね。
また後日きてもらって再検査でもいいかな?

と先生からも言われ、この日は朝から4時間かかって
内視鏡検査(未遂)が終わったのが12時過ぎ。。。

少し鎮静剤が入っちゃってるからフラフラするかもしれないから
ちょっと休んでから帰ってね。

と看護師さんに説明され、
なんども謝られてこの日は帰宅。

また二週間後にリベンジをすることになったのでした。

このクリニック、すごく対応がよくて、親切で、感じも良くて、おすすめなのですが、
如何せん、クーラーが強い。。。

行かれる時ははおりものや靴下を持参されることをお勧めします。

内視鏡の続きはまた次回(*^・ェ・)ノ

35歳過ぎてから毎年恒例の人間ドック、今年も受けてきました!

去年は恵比寿にあるブエナヴィスタクリニックといところでやったのですが、
ちょっと判定に怪しいところがあったので
(海馬の萎縮とかその後の精密検査では指摘されてないし、、、)

今年は別のクリニックでお願いすることにしました。

板橋にある(所在地は北区)、東京メディカルクリニックというところです!

外来もやっているクリニックで、人間ドックや検診も別でやっているのだそうです。
建物全体がクリニックモールになっていて、結構新しめでキレイです。

さて、受付をして検査着に着替え、
  • 胸部X線
  • 聴力検査
  • 身長体重測定
  • 心電図
  • 眼圧眼底検査
  • 内診
  • 視力検査
  • 血液検査
  • 腹部エコー
  • 乳腺エコー
  • 子宮頸癌検診

ときて、

最後はお待ちかねの内視鏡検査(胃カメラ)なのですが、
混み合っているようでなかなか呼ばれません。

待合室の冷房がガンガンに効いているので、
ちょっと身体が冷えてきました。。

ブランケットを借りてブルブルふるえながら待ちます。(((( ;゚д゚)))

そして待つこと30分、、、、

やっと名前を呼ばれ、内視鏡エリアに案内されたのですが、
なんと、待たされすぎた影響なのか、
予想もしないことが起こりました。。

続きは次の記事で!

今までの記事はこちら





乳腺炎の記事、ついに完結です!
何年越しの更新だよって感じですが(すみません・・・)

タイミングを逃しずっと延ばし延ばしにしておりました・・・ごめんなさい!!

では続きです。

診察してもらっても何の解決にもならず、うなだれて病院を後にした私は、
そのまま、桶谷式の先生が教えてくれた漢方薬を買いに薬局に向かいました。

その名も
京橋薬局
(JR京橋駅近くにあります。とってもわかりやすい)
です!

とっても小さい街の薬局という感じで、調剤薬局ではなく漢方専門の薬局のようです。

恐る恐る店内に入ると、漢方薬の匂いが立ち込めています。

あのー

と店員さんに声をかけると、
優しそうなおばさまが出てきました。

ごぼうしがほしいんですけど・・・

というと、

はい、ごぼうしね。おっぱいが詰まっちゃったかな?

と手慣れた様子で奥からごぼうしを出してきてくれました。

とりあえず最小の単位100gを購入。

ビニール袋に入った、植物の種みたいなものです。
IMG_20200909_143210

飲み方はわかる?

と尋ねてくれたので、桶谷の先生には聞いていましたが、一応聞いてみると

お鍋にごぼうしとひたひたの量の水を入れて、
40分くらい煮出す。
それを漉してできた液体を飲む。


ということらしいです。

結構癖があるから飲みにくいと思うけど、冷やして飲むとまだマシかも。
泥水みたいな味だけど頑張ってね!

ということで、早速こちらを購入しお礼を言って帰宅しました!

ズボラな私は、40分も煮出すのめんどくさい、、、と思い、
圧力鍋でいいかな?と勝手な判断で圧力鍋で煮込みました。
(本当はダメだと思います)

しばらく鍋からプシュプシュ音がし、臭ってくる泥の匂い。。
15分くらいで圧力鍋のピンが下がり、できた茶色の液体。。
かろうじて透明なのですが、見た目も匂いも完全に泥水です。

これをとりあえずコップ一杯飲んでみます。
ちょっと冷やそうと、氷を入れて常温くらいの温度に下げました。

そして息を止めて一気飲み!!!

うん?意外と大丈夫かも??
濃いめのコーヒーだと思い込んで飲むのがいいかもしれません。

息を止めれば泥臭さは感じないので意外といけます!!!

これを朝晩二回、コップ一杯ずつ飲み続けるとのことでしたが、
なんと効果があったようで
翌日から少しずつ痛みが和らぎ、
飲み始めて三日後にはすっかり痛みは落ち着いて普通に授乳できるようになりました!!!.。゚+.(・∀・)゚+.゚


ごぼうし、すごい!!!!!!!

マニアックな漢方ですが、乳腺炎にお悩みの方、一度は試してみる価値有りかもです。

アマゾンなど通販でも買えますが、
急ぎの時はお近くの漢方のお店に行くのがいいと思います。

いやーごぼうし、本当にいい仕事してくれました!




先週頭部MRI検査を受けた結果を聞きに
今日は朝から大学病院に行ってきました。

結果は

頭部の動脈瘤の大きさはほぼ変わっていませんでした!
(よかったよかった!)

私は頭の左側の動脈の一箇所に動脈瘤があり、
その大きさは約2mm

ちなみに前回のCT検査では大きさは1.8mmだったので、
多少の誤差はあると思いますが、ほぼ大きさは同じです。

私は祖父が動脈瘤破裂によるクモ膜下出血で亡くなっているため、
2親等以内の家族に同様の症状の人がいた場合はハイリスクになるらしく、
やはり今後も定期的な経過観察が必要になるようです。

ということでまた半年後にMRIを受けることになりました。

MRI、一回受けると8000円くらいするので、お財布への打撃がすごいのですが、
健康維持のためには仕方ないですね。。

ということで、血圧をむやみに上げないように、
引き続き健康的な生活を心がけていこうと思います!

ちなみに私の血圧はかなり低め。
先日行った人間ドックでは
91/56でした。
いえーい。